日本国憲法と法律について

日本国憲法の下で、全国民を代表する選挙で選ばれた議員で組織されている国会である衆議院と参議院での審議を経て、両院で可決されることによって成立した法を指します。
国会は国の唯一の立法機関であり、一方行政機関が出すものを政と令いい、地方自治体が取り決めるものを条例といい、区別します。
多くの法律は内閣の発案によって審議、成立されることが多いです。
法律には施行までに期間をおき、その法律に社会が間に合うように、猶予期間がとられます。
例えば、消費税を増税したい場合は、社会のレジや代金が変わる可能性が多く、一般的に1、2年後の何月という猶予のことです。
この期間で対応できるように、動かなければなりません。
また法律には、時限立法というものがあり、期間を区切って公務員の給与を下げたり、重油に対して税金をかけたり、します。
期限が来れば、また審議がされ、継続か廃止かを決定します。
適切な法律制定のためには、選挙の公約をよく聞いておきましょう。